記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海>愛知県>建設業取消|平田建築

愛知県知事が監督処分を行った建設業者についての情報です。

・建設業者名 平田建築
・代表者名 平田 和伸
・所在地   西尾市一色町松木島宮東95番地
・許可番号  愛知県知事許可(般-26)第54747号
・処分内容  指示処分
・建設業法上の根拠 建設業法第28条第1項(同条第1項第3号該当)
・処分理由   労働安全衛生法違反
・処分年月日  平成27年6月10日

<処分詳細>
 建設業法第28条第1項に基づく指示処分の内容
1 今回の事件の再発を防ぐため、以下の事項について必要な措置を講ずること。
(1) 今回の事件の内容及びこれに対する処分内容等について、従業員に速やかに周知徹底すること。
(2) 事業所内、施工現場及び下請業者の労働環境における安全管理体制のより一層の整備・強化を図
るこ
   と。
(3) 建設工事の安全確保に関する関係法令を引き続き遵守すること。
(4) 従業員に対する建設工事の安全施工に関する教育・指導の計画を作成し、継続的に実行すること。
2 前項各号について講じた措置(前項に係る措置以外に講じた措置がある場合にはこれを含む。)を速
 やかに文書でもって報告すること。


<処分の原因となった事実>
平成26年8月7日、西尾市一色町対米船原62番地1所在の今川デイサービス新築工事において、労働者にコンクリート基礎から高さ3メートルの梁の上で垂木を配る作業を行わせるにあたり、同所から墜落により労働者に危険を及ぼすおそれがあったが、防網を張り、労働者に安全帯を使用させる等の措置を講じず、危険を防止するための必要な措置を講じなかった。
 このことが労働安全衛生法に違反し、安城簡易裁判所より、現場責任者が罰金20万円の刑に処せられた。これは、建設業法第28条第1項第3号に該当する。

■建設業法第28条第1項
第28条 国土交通大臣又は都道府県知事は、その許可を受けた建設業者が次の各号のいずれかに該当する場合又はこの法律の規定(第19条の3、第19条の4及び第24条の3から第24条の5までを除き、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号。以下「入札契約適正化法」という。)第15条第1項の規定により読み替えて適用される第24条の7第1項、第2項及び第4項を含む。第4項において同じ。)、入札契約適正化法第15条第2項若しくは第3項の規定「若しくは特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号。以下この条において「履行確保法」という。)第3条第6項、第4条第1項、第7条第2項、第8条第1項若しくは第2項若しくは第10条の規定に違反した場合においては、当該建設業者に対して、必要な指示をすることができる。特定建設業者が第41条第2項又は第3項の規定による勧告に従わない場合において必要があると認めるときも、同様とする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。