記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海>愛知県>建設業取消| 聖屋造園土木有限会社

愛知県知事が監督処分を行った建設業者についての情報です。

・建設業者名  聖屋造園土木有限会社
・代表者名  佐久間 聖文
・所在地   田原市谷熊町堂代67番地
・許可番号 愛知県知事許可(般-25)第66245号
・処分年月日  平成27年6月30日
・建設業法上の根拠 建設業法第28条第1項(同条第1項第3号該当)

<処分詳細: 建設業法第28条第1項に基づく指示処分の内容>
1 今回の事件の再発を防ぐため、以下の事項について必要な措置を講ずること。
(1) 今回の事件の内容及びこれに対する処分内容等について、従業員に速やかに周知徹底すること。
(2) 事業所内、施工現場及び下請業者の労働環境における安全管理体制のより一層の整備・強化を図ること。
(3) 建設工事の安全確保に関する関係法令を引き続き遵守すること。
(4) 従業員に対する建設工事の安全施工に関する教育・指導の計画を作成し、継続的に実行すること。
2 前項各号について講じた措置(前項に係る措置以外に講じた措置がある場合にはこれを含む。)を速やかに文書でもって報告すること。

<処分の原因となった事実>
 平成26年8月28日、田原市発注の田原市小中山町地内の枯損木・危険木伐倒処理業務において、下請事業者がチェーンソを用いて立木の伐倒を行なったところ、伐倒木が聖屋造園土木有限会社の労働者1名と下請業者の労働者1名に激突し、両名が重傷を負ったが、伐木の作業を行なうにあたり、伐倒について一定の合図を定めず、伐木の業務におけるに作業方法から生ずる危険を防止ずるための必要な措置を講じなかった。このことが、労働安全衛生法に違反し、豊橋簡易裁判所より、法人及び役員がそれぞれ罰金20万円の略式命令を受け、その刑が確定した。これは、建設業法第28条第1項第3号に該当する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。