記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海>愛知県>建設業取消|株式会社大塚建設

愛知県知事が監督処分を行った建設業者についての情報です。

建設業者名 株式会社大塚建設
代表者名 大塚 達也
所在地  名古屋市緑区亀が洞3丁目608番地 レジデンス3
許可番号 愛知県知事許可(特-25)第106986号
処分内容  指示処分
処分年月日 平成28年3月30日
処分事由   建設業法第28条1項
備考     労働安全衛生法違反
平成27年9月28日、豊田市中垣内町の新東名高速道路建設工事に付帯する周辺取付道路の舗装工事において、㈱大塚建設に派遣されていた被災者が、作業現場から約200メートル離れた休憩所兼資材置場までつるはしを取りに行くため、車両系建設機械のトラクター・ショベルに(機体重量2,570kgのホイールローダー)に乗り運転していたところ、休憩所兼資材置場までの工事用道路の下り坂の右曲りカーブの箇所で、道路脇の法面に乗り上げるような状態でトラクター・ショベルが横転し、横転したトラクター・ショベルのヘッドガードと地面に頭部が挟まれ、脳挫傷、頭蓋骨骨折により約1時間後に死亡した。 ㈱大塚建設は、車両系建設機械であるトラクター・ショベルを用いて作業を行なうにあたり、車両系建設機械の種類及び能力、運行経路、作業の方法を示した作業計画を定めていなかったものである。このことが、労働安全衛生法に違反し、豊田簡易裁判所より、法人が罰金20万円の略式命令を受け、その刑が確定した。これは、建設業法第28条第1項第3号に該当する

■建設業法第28条1項■
第28条 国土交通大臣又は都道府県知事は、その許可を受けた建設業者が次の各号のいずれかに該当する場合又はこの法律の規定(第19条の3、第19条の4及び第24条の3から第24条の5までを除き、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(平成12年法律第127号。以下「入札契約適正化法」という。)第15条第1項の規定により読み替えて適用される第24条の7第1項、第2項及び第4項を含む。第4項において同じ。)、入札契約適正化法第15条第2項若しくは第3項の規定「若しくは特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(平成19年法律第66号。以下この条において「履行確保法」という。)第3条第6項、第4条第1項、第7条第2項、第8条第1項若しくは第2項若しくは第10条の規定に違反した場合においては、当該建設業者に対して、必要な指示をすることができる。特定建設業者が第41条第2項又は第3項の規定による勧告に従わない場合において必要があると認めるときも、同様とする。
一 建設業者が建設工事を適切に施工しなかつたために公衆に危害を及ぼしたとき、又は危害を及ぼすおそれが大であるとき。
二 建設業者が請負契約に関し不誠実な行為をしたとき。
三 建設業者(建設業者が法人であるときは、当該法人又はその役員等)又は政令で定める使用人かその業務に関し他の法令(入札契約適正化法及び履行確保法並びにこれらに基づく命令を除く。)に違反し、建設業者として不適当であると認められるとき。
四 建設業者が第22条の規定に違反したとき。
五 第26条第1項又は第2項に規定する主任技術者又は監理技術者が工事の施工の管理について著しく不適当であり、かつ、その変更が公益上必要であると認められるとき。
六 建設業者が、第3条第1項の規定に違反して同項の許可を受けないで建設業を営む者と下請契約を締結したとき。
七 建設業者が、特定建設業者以外の建設業を営む者と下請代金の額が第3条第1項第2号の政令で定める金額以上となる下請契約を締結したとき。
八 建設業者が、情を知つて、第3項の規定により営業の停止を命ぜられている者又は第29条の4第1項の規定により営業を禁止されている者と当該停止され、又は禁止されている営業の範囲に係る下請契約を締結したとき。
九 履行確保法第3条第1項、第5条又は第7条第1項の規定に違反したとき。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。